還暦祝 マナーあれこれ

還暦祝には還暦祝 プレゼント、贈物、食事、贈物の品、旅行、ちゃんちゃんこ、花束贈呈などなどいろいろありますが、還暦を迎えられる方に負担にならないようなマナーに気を配りましょう。

還暦祝はいつ行えばよいのか迷うところです。還暦祝を行う側と祝いを受けられる方のタイミングが合わないとうまく出来ませんよね。

還暦を迎える方にゆとりを持ってお話しして、日程を決めておきたいですね。

還暦祝の時期は、還暦を迎えられた当日か、少し前の日がよいでしょう。過ぎてからは少しマナー違反になるのでは・・・

せっかくの還暦祝です。遅くお祝いするよりも前もってする方が還暦を迎えられる方も喜ばれると思います。

私の地方では、敬老の日に還暦祝を兼ねたお祝いをされるところもあります。これもひとつの方法でしょうね。お祝いを受けられる方が喜んでいただけるなら、日時にこだわらなくても良いのかもしれません。

還暦祝を受けられる方が遠方にお住まいの場合は、前もって、ご本人に了解をいただき、正月がお盆などに帰省したときにお祝いをして差し上げることもいいですね。

還暦祝が還暦を迎える誕生日から大幅に遅れる場合は、先に還暦祝の言葉やメッセージ、プレゼントを贈ることも検討したいものです。

還暦を迎えられる方の体調や健康状態を最大限に考慮して、還暦祝の準備をしましょう。

還暦祝の旅行も行きたい旅行先を予めご本人に聞いておき、一年でも一番過ごしやすき季節に、食も旬な時期を選びたいですね。

還暦祝をしてあげるのは、春か秋が望ましいですね。

いずれにしても、還暦を迎えられる方に負担にならないように気を使ってあげることが一番のマナーですね。

心に残る還暦祝をしてあげたいですね。

還暦祝 食事会の進め方

還暦祝 プレゼントは何といっても、還暦を迎えた方を中心にした食事会ではないでしょうか。

私の義父の還暦祝は食事会で盛り上げようと計画しました。
還暦祝の食事会は義父にとって、初めてで最後の催しなので、これまでお世話になった人にもある程度、還暦祝 食事会の招待状を送ることにしました。

還暦祝 食事会の場所ですが、割烹・料亭などから選び出して、一番良心的な店を選びました。

還暦祝 食事会には子供達も来るので、大人向けの料亭などは避けたいところです。

還暦を迎える人にとって、自分の子供達、孫達、これまでお世話になった人たちに囲まれて食事が出来るのはそう機会がありませんよね。きっと喜んでもらえると思います。

還暦祝に赤ずきんをかぶり、赤いちゃんちゃんこを着て、赤い座布団に座り、写真を撮るのはひとつのしきたりですね。

60年で干支が最初に帰ることから、61歳になると生まれた年の干支に戻り、赤ちゃんになるということからこの風習が始まったらしいですね。

還暦祝 食事会では還暦を迎えた人にちゃんちゃんこを羽織ってもらい、写真をいっぱい撮りましょうね。

特にお孫さん達はこれからの人生です。記憶にはっきりととどめておくためにも、一緒に写真を撮りましょう。最高の還暦祝になりますよ。

還暦祝 食事会は時間的に2時間くらいでしょう。
その間に、還暦祝の挨拶や、なごんだら、余興なども入れたらいいですね。

頃合いをみはからって、還暦祝 プレゼントもお渡ししたいものです。

お孫さんから渡される還暦祝 プレゼントなんて、もらう方は感激のあまり、うるうるくるかも知れません。。

還暦祝に始まり、古希祝、喜寿祝のスタートとなる還暦祝 食事会になれば最高ですね。

どんな旅行をプレゼントするか

還暦祝は色々ありますね。

還暦祝として真っ先に考えたのが私の場合、旅行でした。

還暦祝としてのプレゼント、贈物、これも喜ばれます。

還暦祝の食事会、還暦を祝ってくれる人達に囲まれての食事会って素敵ですね。

私の母は生まれてこの方、旅行なんかしたことのない人でした。
還暦祝として、旅行をプレゼントすることをずっと前から決めていました。

還暦祝に旅行をプレゼントするよといったらはにかんでいましたが。何といってよいか分からなかったのでしょうね。

還暦祝の旅行といっても、どこでもいいというわけにはいきません。

一番いいのは本人に聞くことです。びっくりさせようと切符をあげるのもひとつの手ですが、気に入ってもらえなかったら台無しですからね。

還暦祝の旅行で気を使うのが、止まる場所ですね。
ホテルがいいのか、旅館がいいのか、温泉宿がいいのか、これも好みが様々です。

ホテルや旅館を探すのには、還暦祝だということを前提として、旅行業者に聞くのが一番の方法です。

還暦祝の旅行に一番詳しいのは旅行業者ですから、インターネットより、直接、業者から聞くのがベストですね。

60歳になったら、ホテルより旅館を好む人が多いような気がします。ひなびた温泉宿も人気があるかも。

還暦祝の旅行の交通手段も気を使います。
飛行機が苦手という人もいれば、電車、バスが苦手という人もいます。

還暦祝の旅行でまずいのはツアーにしないことです。
ツアーは案外と強行日程になっていたり、食事がまずい場合もえてしてあるそうです。

還暦を迎える人がゆったりと旅情を満喫できる還暦祝 旅行にしたいものです。

還暦を迎える人が一人の場合、ひとりで旅行に行ってもらうのも心配ですから、どなたか気心の知れた人と一緒に行ってもらうとよいでしょう。

還暦祝 旅行にフルムーンのきっぷをというCMがありませんでした?

ゆっくりと時間がながれる還暦祝の旅行にしてあげたいですね。

還暦祝 プレゼント あれこれ

還暦祝のプレゼント、贈物にはどんなものがあるでしょうか。
還暦祝ですからね、心のこもったものを探したいですね。

還暦を迎えられるってすばらしいですよね。しかも夫婦で還暦が迎えられたら最高です。

還暦祝に赤いちゃんちゃんこを贈るという風習がありますね。
還暦祝にどうして赤いちゃんちゃんこを贈るのかと不思議に思っていましたが、赤い色が魔よけになるんですね。

還暦は60歳、そういえば定年退職も大半が60歳ですね。
人生の節目でしょうか。昔は60歳といえば、随分年だなと思ったものですが、今の60歳は人生のほんの通過点です。

還暦祝といわれて、年寄り扱いするなと怒る人もいるかも知れませんね。

還暦祝のプレゼントはどんな贈物が喜ばれるのでしょうか。

還暦祝の予算ですが、そんなに多くなくてもいいと思います。
人生の大先輩です。値段が高いものには余り喜んでもらえないかもしれませんよ。

今の60歳はとてもおしゃれな人が多いですよね。
そこで、還暦祝として、還暦を迎える人が女性でも、男性でもファッション性の高いものが案外喜ばれるかもしれませんよ。

ブランド物でなくてもいいですが、おしゃれな財布、ベルト、靴、傘などいかがでしょう。

還暦祝で人気があるのが財布 セカンドバッグだとお店の人が教えてくれました。

女性の還暦祝に素敵なスカーフ、いかがですか?
60歳といっても本当に女性は若く見えます。

スカーフをした、ちょっとおしゃれな60歳の女性、なんだかオードリヘプバーンを連想しません?

還暦祝とオードリヘプバーン、つながりませんよね。知らない人も多かったりして(汗

還暦祝としてのプレゼント、贈物は本当にうれしいらしいですよ。心から感謝の気持ちを込めて贈りたいですね。

還暦を迎える人が何を好むか、日頃から気をつけていると還暦祝も選びやすいでしょう。

還暦を迎えた男性も最近はダンディーな人が多いですね。
還暦祝で贈られたソフトシューズを履き、サングラスをかけ、さっそうと歩く人も素敵ですね。

せっかくの還暦祝いです。還暦を迎える人に何が欲しいかを聞くのもひとつの手ですね。

因みに私は還暦祝として、母にはスカーフを、義父には財布を贈りました。

本当に喜んでくれました。

還暦祝 あれこれ

還暦祝、両親とも60歳まで健在であれば、誰しも経験することですね。

しかも、一度しかない還暦祝です。還暦祝のプレゼントの品は、どんな贈物がいいのか、還暦祝の食事はいろいろ悩みますね。

還暦祝に旅行もプレゼントしてあげたい、気の利いたメッセージも贈ってあげたい、いっぱいありますね。

今までお世話になったお礼として精一杯の還暦祝をしてあげたいですね。

還暦祝で迷っている方に少しでも還暦祝について、ナビが出来たらと思います。

私は母しか還暦を迎えさせてあげることが出来ませんでしたが、幸い、義父は還暦を迎えることが出来ました。

私の経験から還暦祝のナビをさせて頂きます。

還暦祝するにあたって最初に悩んだのは、還暦祝を殿くらいの規模でするかでした。内々でするか、親戚等も呼んで大々的にkするかですね。

還暦祝を少し大々的にする場合は、還暦祝の招待状、案内状、場所などを予め用意しなくてはなりません。

仰々しくする必要はありませんが、ある程度の還暦祝プランを練った方がいいですね。

私の場合は、内々で還暦祝をしました。

いくら内々の還暦祝といっても幾ばくかの準備は必要でした。

還暦祝のプレゼント、贈物の品、食事、旅行、行き先、ホテル、挨拶、スピーチ、お返し、ちゃんちゃんこは?、金額、案内状、案内文、招待状などなど本当に苦労しました。

今考えると、何でもないようなことですが、実際に自分が還暦祝をしなくてはならないとなると迷いますよ。

私の母は還暦祝をする前から、還暦祝のお返しはどうしたらよいか、自分が心配していました。

お世話になった人が健康で還暦を迎えられることが一番ですが、一生に一度の還暦祝い、本当に心のこもった、すてきな還暦祝にしたいですね。

私のつたない経験から、これから還暦祝をなさる方の少しでもナビの役目ができたら幸せです。